北京のマンション価格

 

 

北京のマンション価格高騰の4つの要因

2021年までの年間数年間、中国全土、特に北京や上海のような大都市では、不動産価格の上昇があった。 北京では、中心部の一等地ではない場所でさえ、新築のマンション価格は平均して1平方メートルあたり数万元(数千ドル)に上りました。これは人口の急速な都市集中、経済の成長、そして不動産への投資需要の増大によるものでした。

 

さらに、中国政府が住宅全てを奨励する政策を採用したことも、価格上昇を加速させました。 その結果、大都市のマンション価格は、急激に上昇し続けています。ただし、上昇した不動産価格は借金を増やし家庭が増え、金融の安定影響を少なからずしているという問題もあります。このため、政府は2021年に入ってから不動産市場の規制を強化し、投資による価格上昇を抑制しようとしています。

 

 

人口増加

北京は中国の首都であり、経済、教育、科学技術の中の快適であるため、多くの人々が仕事や学業のためにここに移住します。これにより、住宅需要が増加し、マンション価格を押し上げる一因となります。北京は中国の首都であり、政治、経済、文化の中の快適であるため、全国からの移住者が集まる都市です。 特に若い労働力は、高い敏速と良好な雇用機会を求めてこの都市に流入これは「人口吸引力」または「人口動静」の視点から見て、都市部への「集中人口」現象が起きています。

 

このような人口流動は「都市化」または「都市集中」の予想として見ることができます。 「農村から都市へ人口の移動」または「都市化の進行」などと表現されます。また、この人口増加は「住宅需要」の増大を待ちます。今後、より多くの人々が住まいを求め、マンションやアパートなどの住宅供給が増加します。これにより、住宅市場全体の「住宅供給と「必要」のバランスが変動し、価格に影響を及ぼします。

 

この「人口増加」は、住宅市場における「混合バランス」の変動を鑑み、結果として「マンション価格」の上昇要素となります。 、土地供給の仲介など)と相互作用するため、単純に人口増加がマンション価格を直接上昇させるわけではありません。また、都市計画や土地利用計画、政府の住宅政策など、都市や国家レベルの政策や規制も、人口増加とマンション価格の関係に影響を及ぼします。

 

 

都市化政策

中国政府は都市化政策を推進しています。この政策により、都市への人口流入が増加し、都市部の住宅需要が増加し、マンション価格が上昇します。ここでは「都市化政策」について、北京のマンション価格との関連性を考える上で重要な視点を深堀りしてみましょう。

 

政府は過去数十年間積極的な「都市化政策」を推進してきました。この政策の進め方として、農村部から中国都市部へ大規模な「人口移動」が進んでいます。 「農村-都市移動」または「都市化」プロセスとも呼ばれます。この都市化政策は「住宅需要」の拡大を検討しました。 具体的には、都市部へ移動した人々が住まいを求めることで、マンションなどの「住宅供給」が必要となります。 「必要」のバランスが変わり、結果的に「住宅価格」に影響を与えます。都市化政策はまた、都市部での「インフラ」や「土地開発」を促進する役割も行っています。 都市部の発展とともに整備、公共交通、道路、公園、学校などのインフラが整備され、これが地価と住宅価格の上昇を示す要素となります。これは「都市開発」と「土地改良」が「不動産価値」を見据えた典型的な例です。

 

先ほど、この都市化政策は都市部の「土地供給」にも支払いをもたらします。にマンションの価格を押し上げる一因となっております。また、中国の「住宅政策」もマンション価格に影響を与えます。政府は住宅供給を調整したり、住宅ローンの利率を制御したり、住宅市場を安定させるための政策を行います。の政策は「住宅供給」と「住宅需要」、そして「住宅価格」に直接影響を及ぼします。

 

以上、都市化政策は人口動態、住宅需要と供給、土地供給、そして住宅価格といった様々な要素に影響を与える、これらが相互に作られる

 

 

土地供給の限定性

北京は大都市であり、土地供給は限定されています。そのため、土地価格は高騰し、それが価格マンションの上昇を見ます。中国では土地所有権は国家が保持し、個人や企業は土地使用権を取得することができます。これは「中国土地使用権制度」と呼ばれ、土地は基本的に国家から一定期間(通常は70年間)の使用権をリースする形で供給されます。この制度は、土地供給の一定の限定性を保ちます。

 

当面北京では、急速な都市化と人口増加により、土地供給に対するニーズが急速に増大しています。しかしながら、土地使用権の取得が一定期間のリース制度であるため、新たな土地供給が制限されるそれに加えて、都市部の土地はすでに多くが開発されており、新たな土地供給が限定的になっています。

 

また、中国政府は土地供給小さい不動産市場を管理し、物価の安定化を図っています。 土地オークションの実施や土地供給量の調整など、温かく、不動産市場のバランスを調整しようとしています。この政策は、土地供給の段階限定性を確保している可能性があります。このような状況は、土地供給の限定性があり、結果としてマンション価格の上昇率を上昇させています。 特に、供給が制限されている土地ほど価格が上昇しやすく、これがマンション価格全体の上昇に考えています。

 

結論として、中国の土地利用権制度や人口供給政策、都市化と増加による増大などが必要であり、土地供給の限定性を確保し、これが北京のマンション価格上昇の一因となっている。

 

 

投資家の関与

中国では、不動産は安定した投資先とされています。そのため、多くの投資家がマンション市場に参入し、価格上昇を懸念しています。「投資家の関与」北京のマンション価格との関連を詳しく説明します。

 

都市部、特に北京のような中国大都市では、マンションが安定した投資対象と見なされ、その需要は大いにある増加しています。証券市場や債券市場などの金融市場が完全には発展していないため、富裕層や投資家は不動産への投資を優先する傾向にあります。さらに、中国の経済成長に伴う資産価値の上昇期待も、不動産への投資を後押ししています。不動産への大量投資は「スペキュレーション」とも捉えられ、価格の新規的な上昇を警戒しているとの指摘もある。なままとなります。また、投資家の関与が増えることで、一般市民の住宅取得が困難になるという問題も起きています。 、社会的な格差を拡大する可能性はあります。

 

以上のような要素から、投資家の関与は北京のマンション価格上昇に大きな影響を及ぼしており、その結果社会経済的な問題も警戒している。政策、例えば購入制限や改革などを行っていますが、その効果は限定的であるが現状です。

 

 

政府の規制

中国政府は不動産市場の規制を強化し、価格の適正化を図っています。 ただしこれは地方によりその適用度が異なり、北京では高価格帯のマンションが中心となる傾向があります。ここでは北京のマンション価格における「政府の規制」について詳しく解説します。特に大都市である北京では、マンション価格の大幅な上昇が経済的な不安定要素となり得るため、政府は様々な規制を導入して価格上昇を抑制しようとしています。これらの規制策には、以下のようなものがあります。

 

購入制限政策

一部の都市では、投機的なニーズを念頭に、一世帯あたりの購入可能なマンションの数を制限する政策が導入されています。必要とする政策もあります。これにより、投資目的の外部購入者が市場に参入することを制限しています。これにより、住宅ローンの貸付を受けることで、新たな購入者の市場参入を抑制しようとしています。

 

不動産税の導入

一部の都市では、高額な不動産を全てする個人に対する不動産税を導入しています。これらの規制政策は、不動産市場の慎重を期するために導入されていますが、そのため、これらの政策が厳しくなる場合には市場の活性化を阻害する可能性もあります。そのため、中国政府は不動産市場を安定させつつ、経済全体の成長を維持するためにバランスをとる必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

これらの要素は、北京のマンション価格が上昇する一因となっております。ただし、これらの要素が常に価格上昇を考慮することなく、市場状況や政府の政策、経済環境などにより変動します。

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る