宅建は持ってて当たり前!!

宅建は当たり前

 

宅建試験を受けるかどうか、決めかねている方へ
少し気が早い、来年の春くらいから準備を・・・
と思ってらっしゃる方が多いでしょうが、
これくらいから取り組んでおいたほうがいいですよ。

 

 

試験は難関ですが、得られるメリットはたくさんあるので、
取るなら試験から半年以上前から決意して
勉強し始めることをおすすめします。

◆一生有効

◆資格手当てがもらえる

◆就職に有利

 

 

実務経験はなくても「有資格者」であることが大事です。
宅建資格者は不動産業以外のほかの業種でも有利なことがたくさんあります。
住宅関連や相続ビジネスでも名刺に宅建主任者の肩書きがあると違いますよ。

 

宅建はとりたいけど、営業はしたくないという人は、
「あらかじめ営業はしません。宅建生かした事務をやりたいです。」
とはっきり会社に主張したほうがいいですよ。
宅建を生かした事務をやりたいならば、入社前にとっておくことが一番です。

 

不動産業の場合、営業でなく事務ならば繁忙期以外は残業が、
少なめで帰れるケースが多いです。
難点は営業事務は女性の採用が多くて、
男性はほぼみな営業に廻される運命にあることです。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る